日々のアンテナ

日々アンテナを貼って、いろんな情報をキャッチ、発信したいと思います。
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 音楽のこと
CATEGORY ≫ 音楽のこと

レッスン 悲愴第一楽章3回目 献呈2回目

土曜日は二週間ぶりのレッスン。
悲愴はテンポがバラバラって言われました。
まだまだミスも多くて、もう少しゆっくり練習することにします。

献呈も分散和音が遅れてしまうためなかなかそろいません。
最初の方はちゃんとメロディを出す努力をしているのでOKと言われました。

これを踏まえて土日、5,6時間ずつ頑張りました!
悲愴はとりあえずテンポ160で練習。
160だと指が転げない程度で弾けます。
最終的には180から190(だとプロ並み)で弾けるように持って行けたらいいなと思うけど、これは可能性ありです。

問題は献呈で後半のアルペジオはテンポ60前後。最終的には80から90に持っていきたいところ。
この差は大きくて、3割速度アップって相当努力しないとです。。。

というわけで頑張って練習したらかなりの筋肉疲労。
腱鞘炎になっては元も子もないので、日曜日の夜は練習せずに手を休めました。でもちょっとまだ痛いかも。
肘が痛いのでテニス肘になりつつあるかなと思いました。
整骨院に行ってこようかなー。

ちょっと二曲っていうのが負担ではありますが、悲愴だけでは4月までに飽きそうだし、献呈だけだと、最終的に人に聴かせられるだけの演奏に完成しないかも?っていう不安があります。
難しい―。。。

献呈と悲愴の練習

献呈の譜読みが最終ページを残してほぼ完になってきたので、悲愴の練習も再開。
曲想が全然違うので交互に練習すると2,3時間あっというまにすぎちゃいます。

悲愴はとにかく私にとって技術的に難しい。
Allegro di molto e con brioの箇所の左手のオクターブトレモロ。
ネットでいろいろ検索して
1.ドアノブを回すように手首と腕を回転させる。
2.最初はドとラぐらいの幅で回転を意識する。
3.オクターブの和音で練習
4.付点で練習
5.スタッカートで練習

脱力がしっかりできないと腱鞘炎になってしまうので早く弾くよりも脱力を身に着ける練習です。
ここで回転を身につけるとその他の部分(98小節目とか。こちらは両手がオクターブプラス中間音)でもすっごく弾きやすくなることがわかりました。
あとはトリルを先生に注意されたので修正中なのと、おきまりの10小節目の半音階の下り箇所ですかね。
ここの指使いを先生は123のみで、とのことでしたが私は楽譜通り4が入る方がやりやすくて、でも頭でここで4と考えるので遅くなってしまうのです。
それなら123のみでもいいかなと思うのですが最後指がもつれてしまいます。
こちらも付点等のバリエーションで練習中。

献呈は動きが大きいので、譜面を読んでいると遅れてしまうのでなるべく早めに暗譜したいところです。
愛の夢も難しい箇所ほど暗譜したので。

献呈頑張り中

シューマン=リストの献呈、先生に一回みてもらっただけで、ぐぐーんと練習に気合がはいってきました。
バスで通勤するときはランランのを聴いてイメージトレーニングしてます。
テンポもこれくらいで弾けるようになるといいなー。
発表会って思ってなくてもスピードが出てしまうものなので。

今は残業ほとんどないので、18:30くらいにおうちについて、洗い物。
ご飯の準備をして、19時から20:30くらいまで練習です。
ただ、猫が抱っこしてーって邪魔しに来るので、抱っこしながら片手練習が主(笑)
日中お留守番させているので無視するわけにはいかないし。
抱っこして撫でてるとだんだん眠くなってくれるので、そうしたらピアノの横にある猫専用椅子で寝てもらいます^^

難しいと思っていた1ページ目はほぼミスなく弾けるようになってきた。
2ページ目は右手の和音変化が多いので難しい。
3ページ目は左手の和音変化が多いので難しい。
4ページ目は一番盛り上がるアルペジオ。
ゆっくり弾いているのがこれからどれだけスピードアップできるか。。。
指くぐらせではなく手首の移動で弾かないとスピードアップは難しい。
ラストは指が届かない分散和音をどれだけきれいに弾けるかって感じですね。

Youtubeを見てると、あー、私こういう風に弾いているかも、とかこういう風に弾けたらいいなとか参考になります。
内声がメロディっていうパターンの場合私もすぐ音が埋もれてしまうので。
それは悲愴も同じなのでとにかくメロディを出せるように気を付けながら弾きたいです。




レッスン 悲愴第一楽章2回目 献呈1回目

2週間ぶりのレッスン。
今回は献呈の譜読みにすべてを費やしたので悲愴はいまいち練習不足。
見事に露呈しましたが献呈の譜読みが終わったら一気に巻き返したいところです。

で、献呈は譜読み頑張ったけど完とまではいえませんでした。
初めて先生に「献呈を弾きたいです」と伝えたのだけど、
「2曲とも大曲ですねー。ま、ラカンパネラよりは簡単ですから大丈夫でしょう」って
・・・えっと、そっちは一生かかっても無理だから。
とりあえず頑張ってみようと思います。
いい曲だし、どういう風に仕上がるか楽しみですね!っておっしゃっていただきました

年内あと2回のレッスン。そこまでに細かいとこまでミスなく弾けるようになって、その後の3か月で曲想を付けていくようにしたいなと思います。
とはいえ、一番時間の取れる週末も、年末は毎週忙しいからなー。

レッスン 悲愴第一楽章 1回目

仕事が残業続きでなかなか練習できなかった2週間でしたがレッスンに行ってきました。
雨なので徒歩だけど5分です。そうじゃないと行くのめんどくさ!ってなるのでほんといいところにいい先生がいてくれてよかった。

リトルピシュナは10番と11番。
10番は二回目だったけど合格もらえず。初の3回目トライとなりました。

悲愴は、ソプラノの音を響かせるっていうことを重点的に指摘されました。
ピアノって、外の音を響かせる必要があるのだけど、それがどちらも小指。
低い音はもともと大きめに出るから左手よりも右手の小指の音を響かせるのが難しい。
体の機能とあっていない動きをしなければならないのが大変です。小指鍛えなきゃ。

発表会でもう一曲弾きませんか?次回までに決めてきてくださいとおっしゃったので選曲中。
別れの曲が第一候補。第二候補の愛の夢は先生が数年前に講師演奏で弾いたとのことなので、それじゃ避けたほうがいいかな?と思ってます。
で、トライしたいのがリスト=シューマンの「献呈」。
5分弱だし、悲愴が短調で献呈が長調だからちょうどよいし、なにより今一番ピアノ曲で好きな曲だから。
でも、難しい。。。
4月半ばまで毎月2回レッスンとして10回弱で仕上がるか?という疑問があります。
でもダメもとでトライして、だめだったら1曲にしてもいいかなー。
と譜読みをし始めましたが、、、最初の一ページ目から四苦八苦。
んでもって途中のスローパートで息が抜けるかなと思ったら苦手なポリリズム・・・・
でも派手な曲だし暗譜までできたらレパートリーとして最高なんだけどな。
どうしようかなー。今週がんばって譜読みしてみて判断しようと思います。

ランランのはすっごくゆったり弾いていてお気に入り。




レッスン 月の光3回目

1週間延期してもらったレッスン。
毎日リトルピシュナ練習したけど、一発では合格できませんでした。
だんだん難しくなってくるのでこういう感じが増えると思います。
ハノンのように単調ではなく、1つの練習で1小節ごと変調していくので本当に大変。
ナチュラルなのかフラットなのか、細かいと見づらいー。

月の光は合格いただけました!
苦手な個所は残っているけど全体的にまとまったと思います。暗譜はできませんでした。。。
なかなか暗譜難しいですねー。気合と記憶力が年々衰えているので。

で、次はどの曲にしましょうか?とのことで、「ベートーベンの悲愴 第一楽章にしたいです」と言ったら、
4月に発表会があるのでじゃあそれにしましょうか?と。
え∑(=゚ω゚=;)
発表会2年に1回とのことだったのでもう少し後だと思っていました。
発表会では弾きたいなーと思っている曲があって、リストのため息か献呈がいいなと。

でも、よく考えてみると、それらは私の実力じゃまだまだだし、もし基本情報が受かってたとしたら4月は次の試験とかぶるので、悲愴もいいかなと思いました。
先生のとこの生徒さんは中学生までと大人の方で、ベートーベンを発表会でってのは最近少ないと思うからちょうどいいかなと。
ただ今からだと6か月かー。飽きそうだな^^;
旦那が知らない曲っていうのもいまいちなんだけどねー。

ちびっこたちはソロと連弾、とか午前の部と午後の部で2曲弾くそうで、もう一曲今まで弾いた曲の中から弾いてもいいですよと言われたので、そうなったら、愛の夢か別れの曲弾いてもいいかな。
悲愴は第二楽章が超有名なのですが(のだめと千秋が出会う冒頭で使われている。)、第一楽章だけでも7分、合わせたらたぶん13分くらいでちょっと長すぎだし、第三楽章ないのは不自然ってことになるので、まったく別の曲がいいかなと思っています。

てことで楽譜は持っていかなかったけど
先生が「譜読み始めてるんですよね?ちょっと弾いてみてください」
とおっしゃったので、先生の楽譜を借りて悲愴を一通り弾いてみました。
「全体の雰囲気はそーいう感じ(笑)」とおっしゃるぐらいグテグテでしたが、弾いていて気持ち良い曲です。
ずっと重厚なんだけど、途中でちょっとだけ明るい未来を感じさせ、短いコーダでジャンジャンジャンと終わる古典の良さがあります。
Youtubeとかでは10歳の子が弾いている動画もあるけど、正直、おこちゃまが弾く曲じゃないなとは思います。

主題が繰り返し出てくるので暗譜まで持って行けそう。ただ緊張すると超速弾きになってしまいそうな曲なのでそういうとこ落ち着かないとです。

私が一番好きな演奏がKrystian Zimermanかな。イケメンだし^m^
正統派って感じ。でもちゃんと繰り返しを弾いてるのって彼だけかも。繰り返しをすると1楽章は10分弱もの長い曲になっちゃう。。。


アシュケナージはベートーベンよりもショパンのイメージ。


ルービンシュタイン


初めてのレッスン延期

明日は1か月ぶりのレッスン日でしたが、試験勉強でずっと練習してなくて、試験が終わってからは仕事が忙しくて全然練習していない。
昨日久しぶりに弾いてみたら、メタメタで・・・
月の光はそれまでの積み重ねがあるけど、リトルピシュナは全く練習していないので弾けない。
難しくなってきたので数回弾けば弾けるようになる、っていうレベルじゃなくなってきちゃいました。
基礎練習をこなしていないってのはさすがに恥ずかしい・・・・

というわけで先生に連絡し来週に延期してもらうことに。
来週は仕事も落ち着いてくるので(リリースが延期になったりして年末にかけてすごく怖いけど。。。)いっぱい練習したいです。
週末は旦那が社員旅行。ご褒美旅行のグアムとは別で国内です。
なんかすごい会社だな。

レッスン 月の光2回目

3週間ぶりのレッスン。
月の光、仕上げ程度に弾けているつもりだったのだけど、先生からは細かいところの指摘が。
単音スラーの後の重音がぶちっと切れたりばらけたりするって。
確かに。
指使いがあいまいで、ペダルでごまかしているところがあるかも。
綺麗な曲はこういうところ気を付けないとね。
ということで合格は次回まで持越し。試験があるため4週間後だから暗譜もできたらいいなと思います。

次の曲はベートーベンソナタ悲愴の第一楽章を考えているところ。まだ先生に言ってないけど。
7分半程度の長い曲だけど、古典は譜読みが簡単。弾きこむのは大変だけどねー。
速弾き苦手だし。
3大ソナタ、熱情はさすがに実力不足で一生弾けそうにないけど、悲愴と月光は弾いてみたいなと思います。

レッスン 月の光1回目

ほぼ1か月ぶりのレッスンです。
月の光(ドビュッシー)は最初譜読みが難航したけど、1日集中して譜読みして弾きにくいところを繰り返し練習したら、あとは、アラベスクよりも弾きやすい印象でした。やっぱりアラベスクのようなポリリズムは苦手。
ってことは幻想即興曲は無理だなー。。。

ただ、速度がyoutubeみていてもさまざまで私は遅い人にあわせていたのだけど、先生は結構速いのを望まれているようで焦りました^^;
あとは細かいところがだめで、特に私の癖でアルペジオの低音を残す場合、低音が残らずその他の指が抑えっぱなしになってしまうのです。
先生にも「その方が楽だしねー」って言われちゃいました。ほんとそこはちゃんと直したいです。
あとは左右が交差ではなく重なるところが弾きにくくて、先生に左手の音を右手で取るように言われました。

次は3週間後なので、そこで仕上げられたらよいなあ。
その次はずっとロマン派以降が続いていたので古典かな、ということでベートーベンの悲愴にしようかなと思っています。
10月の基本情報試験が終わったら時間が取れるので、悲愴のような長い曲がいいかなと思って。

レッスン 愛の夢4回目

2週間ぶりのレッスン。1曲になったので結構愛の夢は練習したつもりです。
結局グランドピアノのレッスン室を借りなかったのでぶっつけ。

あと一回ぐらいで合格かな?レベルで弾けたと思ったら、「じゃあこの曲はこれで○ね」と言われてしまいました。
えーー、もうちょっと完璧に弾けるように教えてほしかったな、、、とちょっと思いました。

次はドビュッシーの「月の光」。
試験勉強もあるでしょうから10月までは月1回のレッスンにしましょうとおっしゃっていただきました。
新曲の譜読みは時間がかかるのでそれはちょっとありがたいかなと思います。
先生の息子さんもFPの試験勉強中で、試験勉強の大変さがわかるとのことで気を使っていただいてるなぁと思いました。
愛の夢はもう少し弾きこんでいこうと思います。後で、もう一回先生にレッスンしてもらってもいいしね。

月の光は私が苦手なフラットが5個の変ニ長調。5個もつくと逆についていない方を数える方が早いです。
ファとドがつかない、つかないって考えながら譜読み中。
とってもきれいな曲でアラベスクとともにドビュッシーの中では一番好きな曲。

結局3月のピティナが終わってから4か月で別れの曲、アラベスク1番、愛の夢が完了っていうハイペースです。ピアノ再開当初は半年で1曲ペースかなと考えていたので。
完成のレベルが、学生時代に習っていた「発表会で弾くレベル」とは段違いなので、あとは自分でも弾いていかないとすぐに弾けなくなってしまいそうです。暗譜できているのも別れの曲だけなので、アラベスク、愛の夢も暗譜しておかないとね。