日々のアンテナ

日々アンテナを貼って、いろんな情報をキャッチ、発信したいと思います。
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOP旅行のこと ≫ 京都

京都


↑貴船神社と高台寺

6日の夜行バスに乗って京都に行ってきました。
夜行バスはスキーなんかでは使っていたけど、それもここ最近は利用していなかったので、5年ぶりくらいかなあ。
静岡⇔大阪便が7月に始まったのでずっと利用してみたいと思っていたの。
静岡駅を22時に出発。
2階建てでこの日は社員旅行かなにかの団体さんが2階を利用していて1階はもともと5席ぐらいしかないのですが私たちのみ。おかげですごくゆったりできました。
リクライニングもかなり倒れるし、毛布やスリッパなんかもあって、飛行機で言えばビジネスクラス並だよー。
京都駅へは5時着の予定でしたが4:30ごろ到着しました。
当然のことながら真っ暗ですごーく寒かったです。

京都駅5:33→JR奈良線→5:40東福寺
東福寺5:45→京阪電鉄→6:00出町柳
出町柳6:20→叡山電鉄→6:47貴船口

初めて乗った叡山電鉄は、静岡で言えば大井川鉄道みたい。どんどん山の中へ行き、単線のため両側から葉っぱがわしゃわしゃ電車にあたるの。あー、紅葉の時期に来たかった。

■貴船神社
ずっとずっと来たかったんだけど遠いのでなかなか行けなかったの。
貴船口駅からは2kmで、のーんびり歩いて25分くらい。
森林浴しながら歩くのは本当に気持ちがいいです。マイナスイオン全開!って感じで。
途中川床をやってる旅館などがいっぱいあってとても風情があります。今度はここらへんの旅館に泊まりたいねー、なんていいながら歩いていくととうとう灯篭の階段が見えてきました。
階段を上ってしばらくボーっとしてましたが時間がないのですぐに戻ることに。
時間があったら奥の院とか足を伸ばして鞍馬寺まで行きたいところなんだけど。

帰りも同じルートで京都駅へ。
9時ちょっとすぎの雷鳥で親戚一同が来るのでお出迎え。
そのままタクシーに乗り、東大谷へ。

■東大谷(大谷祖廟)
ここは東本願寺の系統(っていうのかなあ。)で親鸞のお墓があります。
旦那の祖父の納骨以来7年ぶりですが、今回は去年の暮れになくなった祖母の納骨に来ました。
全国からいろんな人が来ていて、すごい混み様。
納骨自体はベルトコンベア式に行われていて、うーん・・・という感じ。

■知恩院
東大谷の隣が円山公園でその隣が知恩院。
お昼の予約をしてあるお店が知恩院横の「いもぼう」だったので、時間までぶらぶら。
修学旅行以来なんだけど、こんなにでっかいんだーっとびっくり。
でもでかいだけだなーとも思ったり。

■いもぼう
江戸時代から続く料理屋さんで海老芋のお料理がいろいろ。
すごくマイルドな味でとてもおいしいです。ただお芋づくしでおなかいっぱいになっちゃう。
京都に住む親戚のおばさんとお話をしたら、太秦でクリーニングやさんをやっているそうで、
それも時代劇の衣装専門なんだって。
太秦で撮影されてる「大奥」の衣装はもちろん「新選組」の衣装までクリーニングしてるときき、
「お手伝いに行きます!」ってお義姉さんと一緒に言っちゃいました。
一個盗みたいよーほんと。

■何有荘
午後からはみんなばらばらで観光。
私と旦那は今回の目的地「何有荘」へ。100年ぶりの公開だというので。
場所があまりよくわからなかったのでタクシーで。でもタクシーの人もあまりわかってなかった。
とりあえず南禅寺まで連れて行ってもらいそこから歩いて移動。
誰かに聞けばいいや、と思っていたのに、門のところに「何有荘とはまったく関係ありません。南禅寺」と書かれていて、なにやらもめている雰囲気が伝わってきたので、お寺の人には聞けず、近くを通った地元の高校生に場所を聞きました。

歩いて5分もたたないくらいのところに有りました。
パンフレットには6000坪と書かれているんだけどそれがどれっくらいなのか想像もつかないの。
とりあえずテクテク歩くんだけど、滝あり、池あり、トンネルあり、茶室ありという感じで個人の庭とはとても思えません。
12月までの公開ということで頑張ってきてよかった^^

■霊山歴史館
ここから御所に行く?って言っていたんだけど、今日までが一般公開ということもありたぶんかなり混んでいるだろうと思い、霊山歴史館に。
新選組展をやっているということで結構いきたかったんだよね。
ここでもタクシーを使っちゃいました。でもかなり坂の上にあったからタクシー使ってよかったかも。
内容はすごく目玉、というものはあまりありませんでした。町田にある小島資料館の方がこじんまりしてるけれどとても興味のあるものが多かった。
徳川慶喜の実物大写真があって身長151cmだったのには驚きました。ちっちゃいの、すごく。
でも幕府側じゃなくて倒幕側の人たちは回りにお墓などもあるので行くととても楽しめると思います。

■高台寺(月真院)
霊山資料館から坂を下り、高台寺付近へ。
ここへは夜間拝観に来る予定なので、回りをぐるっと。
ねねの道はすごい混み様でした。
月真院の前で御陵衛士屯所跡の碑を写真にとり、近くの甘味処でわらび餅とぜんざいを食べました。

バスに乗り京都駅へ。ぎゅうぎゅうで泣きそう。。。道も混んでいて40分くらいかかりました。
駅で親戚の方たちのお見送りをして、再びバスで高台寺へ。
お義姉さんもお義母さんも新撰組ファンなので壬生に行ったらしいんだけど、1時間待ちだったとか。
すごいなあ。

6時も過ぎてるしあまり人もいないだろうとタカをくくっていたのにとんでもない。
こんなに夜間拝観が人気なんて知りませんでした。
ライトアップされた庭園はとてもきれいだけど、一度昼間の様子を見ておかないと違いがわからず、半減かもしれません。
おまけに人が多くて、足元も不安なのであまりゆっくり見てられません。
だんだんと偏頭痛で頭も痛くなり、早く帰りたい!ってそればかり思ってました。
お寺自体もそうだけど、石塀の小道とか周りのほうが綺麗だったなー。

頭が痛くてたまらなかったので駅まではタクシー。
新幹線を待ってる間も泣きそうだったけどぐっと我慢し、静岡についてからもバスで帰る予定がとても耐えられなくてタクシーへ。
おうちに着いたとたん激しい吐き気と頭痛で、トイレにこもりっきり。。。
もーなんでお薬持っていかなかったんだろうって思っちゃう。
偏頭痛ってなると薬を飲まない限り絶対治らないし、早く飲まないと吐き気がひどいので。

というわけで最後はボロボロでしたが1日だけだったけどかなり充実してました。普段行かないマニアックなところばかりいけたのも良かったな。
ほんとはもっと紅葉を楽しみたかったー。
それにしても2人で交通費だけで30000円も掛かってしまった。
いつも一人の時はバス一日券を買って節約するんだけど、二人だとついつい気が緩んじゃいます。。。
思いのほか人が多かったというのもあるんだよね。紅葉シーズンははじめてきたんだけど、こんなにすごいとは思いませんでした。
あといたるところに「新撰組ゆかりの地」みたいなこと書かれてるんだけど、来年はまったく消えちゃうんだろうな、と思うとそれはそれですごく寂しい・・・



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL