日々のアンテナ

日々アンテナを貼って、いろんな情報をキャッチ、発信したいと思います。
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOPお仕事のこと ≫ トレンドマイクロ

トレンドマイクロ

トレンドマイクロ社のウイルスバスターの更新ファイルの不具合で大規模な障害が起こったようです。

こういうのってプログラム組んでる者としては他人事とは思えません。。。

テストもせずに配信なんてありえねーって思っちゃうけど、よっぽどのことがあったのでは?と思います。

プログラムのスケジュールって実際組んでるPG時間を1とすると、他の人にプログラムの内容を見てもらうPGRが1、自分でテストをするPTが1、新しく修正した箇所だけをテストするITが1、今までの分と合わせてレベルダウンがないかテストするSTが1、最後に顧客や顧客にもっとも近い人にテストしてもらう運用テストが1という感じで、プログラムを組む作業の5倍以上の時間をテストにかけます。

とはいってもプログラムを組んでいる最中にお客様から「ここはこうしてほしい」という要求があったり、自分で「ここを直すにはここも直す必要がある」と当初の予定より修正量が増えたり・・・そんな感じで最初のPG期間がのびちゃったりします。でもお尻は決まってるから結局テスト時間がどんどんけずられちゃうんだよね。

今やってるお仕事も去年あたりはこういう感じで、結局お客様のところで障害が見つかり大変だったことがあります。
まあお客様の理解もあり、「とりあえずテスト期間を減らすようなスケジュールは立てない」という大前提ができたため、今はそれほど積み込み作業はなくなったんだけど。
でも毎月1回の修正パッチ提出時には大変な思いをします。

先月だったかうちの会社ではシマンテック社のセキュリティーソフトを使っているんだけど、更新ソフトのエラーにより存在しないウイルスが発見されるバグが起こって、半日業務が停止したことがありました。

ネットワーク社会だからネットワークにつなげられないだけで、パソコンはただの箱になっちゃうんだよね。

でもこれって、更新ソフトになんらかのものを仕込んだら今回の何倍もの障害が起きる可能性があるってのを広めちゃったので、かなり怖いことだと思います。


Comment

編集
 初めまして。くずはと申します。
 トレンドマイクロのシステムにやられた一人として、サポートのわかりにくさにむくれていたのですが、テストってそんなに大変なものなのですね。
 勉強になりました。
 私も最初はウイルスかなって思ったんです。
 有料サービスで、会社のミスでこんなこと起こるわけないっていう思いこみがあったんだと思います。
 だから、何の疑いもなく再起動だってダウンロードだってほいほい言いなりにやってしまってます。でも、それを利用したウイルスが来たら本当に怖いですよね。
2005年04月24日(Sun) 00:22












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL