日々のアンテナ

日々アンテナを貼って、いろんな情報をキャッチ、発信したいと思います。
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOP日常のこと ≫ GW日記

GW日記

とりあえず忘れないうちにさらっと。
GW前。4月で契約完了の派遣さんがいたのでランチに行ったりお別れの品を買いに行ったりしました。
男性向け、それも若い子なのでなかなか決まらず、松坂屋、丸井、パルコをはしご。
受け狙いもしたくてあれこれ考えて疲れたのでお菓子にしました。
みんなで買いに行って楽しかった。

4/29 日中母とランチ。千房でお好み焼き。超久しぶりだったけど昔よりおいしくなった気がする。ふわふわ。
帰ってからちょこっとお昼寝して旅行準備して、夜ご飯はカレーを食べて、22:55夫に送ってもらい駅から高速バス出発!
10年ぐらい前に利用したときはJRだったけど今回は静鉄バス。
3列シートだし、カーテンあるしとっても快適でした。WiFi使えるのが一番の利点。

京都市内に入り、バスが順調なことが分かったので、次もバスにすることに。バスの中から予約完了。
6:46新大阪で降りて、次のバスに備えてコーヒー等を買います。
新大阪のバスターミナルはシンプルなのでわかりやすい。

7:30出発
新大阪から出雲までのバスは臨時追加便だったので通常3列のバスが4列だしWiFiがなく残念。
でも席が空いていたので2つを1人で占有できてよかったです。

12:55出雲着。めっちゃ暑い。
ホテルは駅からバスで5分と書いてあったけどそもそものバスが1時間に1本程度。
荷物が重かったのでとりあえずタクシーでホテルに行き、チェックイン時間前だったので荷物の預かりと着替えだけさせてもらいました。
結婚式場併設なので更衣室があってよかったです。


出雲大社まではホテル前のバス停からも行けるんだけどちょうど出発を逃し、次は1時間後・・・
というわけで駅までまた戻ることにしました。今度は徒歩で。
駅では別の路線が30分後に出るというので、とりあえずセブンでおにぎりを買って腹ごしらえしてバスにのり出雲大社へ。
バスで30分ほど、500円です。

正門前に降りるとすぐに出雲大社!
見学は1時間もあればできそうだったのでぶらぶらしてると神楽をやっていてみました。
じっくり見るのは初めてだったけどとっても楽しかった!
説明の文章を配ってくださったのでわかりやすい。
また演じているのは神社の宮司さんだと思うのですがバックヤードから出てくる姿を見るとイケメンぞろいでしたw
色白で歌舞伎役者に通じるものがあります。

じっくり見て本殿に参拝し、いろいろ写真を撮って、バスで帰ろうと思ったけどちょうど17時の一畑電鉄があり乗りたかったのでそれにのって駅に戻ります。
駅からはまたプラプラ歩き。

ホテルに戻ってチェックイン。
夕食付で、先に一回温泉に入ってから夕食と思ったけどちょうどその時間帯は混んでいるというので先にお食事。お昼おにぎり1個でおなかすいていたしちょうどよかったかも。

夜ご飯は超豪華。出雲そばやいろいろ出て最後食べきれなかったー。
地酒飲み比べセットを頼みました。

食べ終わって温泉。
日帰り入浴もできるとの事で温泉はかなりしょっぱい温泉でした。効きそうー。
ホテルの部屋もWiFiOKなので次の日の予定を確認し0時ごろ就寝。


4/30 出雲から津和野へ。
6時に起きて温泉に入り、朝食。メインを和食と洋食から選ぶことができ、それ以外はバイキング。

9:05出雲市駅発
特急スーパーまつかぜで益田まで行き、そこから普通列車で津和野へ。
まつかぜは特急なのに2両編成。指定1車両、自由1車両。自由で大丈夫でした。
会社の出張なのかなんなのか近くに3人の地元の方が乗っていてすでに酒盛り。
ここら辺は全然なまってないんだねー。関西弁でもないし。

益田はもっと大きい駅かと思ったら小さかった。
30分くらい待ち合わせがあるんだけど、何もすることなしー。

11:24益田発12:05津和野着
津和野方面の山口線もローカルで1両のみ。
でもこういう山間の電車は好きです。
小さい駅にも降りてみたいけど1時間どころか1日に10本くらいしかないので無理。
素直に津和野まで行きます。

津和野ではレンタサイクルしました。
2時間で500円くらい。荷物も預かってもらえるのでコインロッカー借りることを考えたらすごく安い!
地酒を飲んだり、主要な観光地を回り、メインの太鼓谷稲成神社。
赤い鳥居がトンネルのように連なってます。
山頂に本殿がありとても立派。景色も良いのです。
手前にある津和野高校の先生が「こんにちはー」って挨拶してくれてちょっとイケメンだったのでうれしかったです♪

次が乙女峠。キリシタン殉教の地。
この二つは内田康夫の「津和野殺人事件」で出てきてとっても行きたかったところです。
そのほか津和野資料館をじっくり見ました。
現代でも行くのに苦労するこの山間の集落に土器・石器時代から人が住んでいたのだからびっくり。
なかなか興味深かったです。

14:55津和野駅発16:43東萩駅着
http://www.bochobus.co.jp/kankochi/00.htm

津和野から萩まではバス。
15:22に山口行きのSLが出発するのでそれをみようかと思ったけど、そうなるとバスの17:07まで待つのが辛そうだったので、一本前のに乗りました。2時間の空白があるからねー。

乗車時間も2時間かかるので大型バスかと思って、ビールと稲荷ずしを買っておいたら普通の路線バスでした。まあ食べて飲んだけどね。
寝ている間に萩到着。

萩は市街地の最寄駅である東萩駅目の前のホテルをとりましたが、駅よりもバスセンター近くの方がいろいろお店があるようでホテル周辺は何もないです。
食事なしだったので夕飯の買い出しに出かけ、スーパーは駅の裏にあるってわかったけど駅を渡るのにかなり遠回りだったので、10分くらい歩いたところにあるドラッグストアでチューハイとおつまみを買ってお部屋で食べました。
(ホテルの2階に居酒屋さんがあり地のものはここで食べられるみたいです。)


お風呂は温泉じゃないけど大浴場と露天風呂とサウナがあり堪能できました!
朝は露天風呂なしが残念だけど。

5/1
朝6時半ごろ起きてお風呂にはいり朝食。
おにぎりや味噌汁等々だけのシンプルな感じだけどお味噌汁がおいしくておかわりしちゃった!
食べたら眠くなり9時ぐらいまでもう一回寝ました。

チェックアウト後ホテルの1階にあるレンタサイクルやさんでまたまた自転車借りました。
2.5km四方ぐらいに見どころが集まってるし、坂が一切ないので体力のない40代女性でも十分回れます。
泊まったホテルだと割引があり1時間150円くらい。安い!!こちらでも荷物預かってもらえるから便利です。

最初はひとつだけ駅を中心に反対方向にある吉田松陰関連の見どころ。
松陰神社と松下村塾。
吉田松陰のことは全くしらなかったのだけど、いきなりみた石碑
「親思う心にまさる親心けふのおとずれ何ときくらん」
に衝撃を受けました。
辞世の句でそれも29歳です。
急激に興味がわいて、資料館に入りました。
1年半で600冊本を読んだとか、無茶なことをしつつ、日本の将来をずっと案じていた若者の姿に涙が出そうでした。
幕府はこんなすごい人を処刑してしまって・・・・
この人がいなかったら明治維新はないし、今の日本はないな。

これだけでも萩の魅力十分です。
ここからは駅の北側に広がる観光地をあれこれ。
木戸孝允、高杉晋作などのお家や銅像等があります。

あとは萩城城址など。
一通り見て回った時点で14時くらい。
ここから西の方の市民体育館でやってる萩焼まつりへ。
GW中はこのお祭りのため小さい工房はお店自体お休みのところが多いです。
中心部からは自転車で15分ほど。途中セブンでまたおにぎりを買って食べました。
萩焼まつり会場に萩名物のものとかあったのでそちらで食べたほうがよかったなー。

るるぶとかでみて興味のあった止原理美さんの窯も出店していてお兄さんとお母さんが対応してくれました。
猫のマグカップ、超かわいいものが買えました。

外で屋台が出ており、地酒も買いました。

駅に戻って15時半くらい。
ここから新山口に向かうバスの時刻表がネットで見たものと違って、17時すぎまでないことがわかり、もう一回自転車を借りて明倫館へ。

ここがすごくて、1時間しかなかったことが悔やまれます。
幕末はもちろん、伊能忠敬、杉田玄白等の展示などがありものすごいです。

17:05東萩駅発18:27新山口駅着
ふたたび駅に戻り、新山口行きのバスに乗りました。
こちらも特急じゃないのは小型バスだけど特急は大型バスでした。
通勤・通学に使ってる方もいらっしゃってすごいですー。

東萩駅以外にも萩・明倫センターからだと別の路線もあるようです。

新山口では新幹線の待ち合わせが1時間半くらいあるのだけど、荷物も重いしお土産をある程度買った後は待合室でぼーっとしていました。
夜ご飯はパン屋さんのカツサンド。
私、旅行中にどうしても地元のものを食べたいっとまで思わないので、そこが夫と意見があいません。
まあ新山口自体お店は19:30にほとんどしまってしまうので行こうにも行けなかったけど。

20:43新山口発21:59岡山駅着
新山口→岡山は初の山陽新幹線「さくら」に乗り(ギュウギュウだけどギリギリ座れました。)

22:30岡山駅発4:38静岡駅着
岡山からは寝台特急「サンライズ出雲」に乗りました!
のびのびシートが思いのほかここちよく、すぐに寝ちゃって、豊橋ぐらいで起きて車内を探検。
とっても楽しい旅行でした!


萩・津和野を一緒に回ることが多いと思いますが、出雲大社等の島根方面からだと、萩に直接出る電車が少なく、いったん津和野経由で、津和野からバスっていうのが便利です。
山陰はやっぱり交通の便が悪いので、車で回るのが一番便利そう。
でもローカル電車の旅も楽しいです。
秋吉台、角島、下関等行きたい名所はまだまだいっぱいあるので、山口、次は夫と一緒にレンタカーで回りたいな。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL