日々のアンテナ

ARTICLE PAGE

レッスン 悲愴第一楽章7回目 献呈6回目

とうとう2月に突入。発表会まであとレッスン何回かな・・・

悲愴は今回もダメだしいっぱい。たたくように弾いてはダメ。ていねいに、と繰り返し言われます。
強い音をていねいに出すのが難しい。。。
あと左のトレモロがいまさらながらばらけている。
再びメトロノーム100程度に落としてゆっくり練習。効果が出るとよいけど。

献呈はほぼ仕上げ。中間部の中間の音が大きすぎ、という指摘以外はなし。
最後のすごい跳躍は一個はずすと全滅になるのでそこが恐怖だなー。一番もりあがるとこなので、溜めて弾こうと思います。

悲愴が仕上がるか心配になってきた。。。
下りの音階とか、CDとかYouTubeを見てると、開始、終了は結構スローに入っている人が多いのだけど先生は一定のスピード派。
難しい。。。

まあでも古典の練習は本当に技術力がアップする(というか技術力が如実にあらわれる)ので頑張ろうと思います。

Comments 0

Leave a reply