日々のアンテナ

日々アンテナを貼って、いろんな情報をキャッチ、発信したいと思います。
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOP買ったもの ≫ シャープ 空気清浄機 FU-A51を買いました。

シャープ 空気清浄機 FU-A51を買いました。

リビングに猫のトイレを置く生活になったので、空気清浄機を買いました。
まあ、猫のトイレだけではなく、私の花粉症にも期待を込めて♪



空気清浄機もいろいろあって悩むところですが、私の選択基準
1.白い
2.大きすぎない
3.加湿機能がない
4.フィルターの交換不要

こんなところかな。
マメな性格ではない私にとっては3は重要なのです。
なぜなら、最近の空気清浄機はほとんどのものが「加湿機能」付です。
便利なようですが、でもお手入れをしないと、カビが生えやすいと聞いたし、加湿機能が付くと本体サイズが大きくなってしまいます。

加湿機能のない空気清浄機は、

パナソニック
F-PXH55
F-PXG50

シャープ
FU-B51
FU-A51

ダイキン
ACM75N
ACM75M

で、どのメーカーもアルファベット順に旧型、新型となります。
最初はね、ダイキンがいいかなと思ったんです。サイトにも「猫カフェで一番パワーを発揮!」って出てたから。
でも、価格でいったらダントツFU-A51が安いのです。パナ、ダイキンの物と比べたら1万円以上差が出ます。
さらに、プラズマクラスターはあまり信用してないので洗濯機だのエアコンだのには不要だけど、元祖空気清浄機だけはついていてもいいかなと思ってました。
発売当初「プラズマクラスターで猫コロナウイルスが不活性化する!」と謳われていたのがすごく印象的だったからです。
うちの猫、兄弟や一緒にいた猫がほとんど猫コロナウイルスの変異が原因で起こるFIP(猫伝染性腹膜炎)でなくなってるし、カシリウイルスにも感染していたので、少しでも効果があれば、ということで。

あ、でも去年抗体検査をした時には猫コロナウイルスは値がとっても低かったのですけどね。

で、旧型のFU-A51と新型のFU-B51は性能的にほとんど変わっていないということなので旧型を♪


選択基準からいくと
1.白い⇒ばっちり条件満たしてます♪
2.大きすぎない⇒加湿機能付空気清浄機の3/4程度の大きさです。
3.加湿機能なし⇒○
4.フィルター交換不要⇒不要ではないけど10年です!

その他、コンパクトながら24畳用(空気清浄機はお部屋のサイズより大きめなのを選ぶほうがいいとのこと。ちなみに我が家のLDKは18畳程度です。)

ただし。
なぜか背面から吸気するため、壁から最低3cm、推奨30cm空けなければなりません。
これが狭い部屋だとかなりポジション限られます。


実際使ってみると

自動運転:音がちょっと大き目かな。他の清浄機がわからないけど、旦那はうるさいというので「弱」で運転しています。
これだとほとんど音がきになりません。

少し離れたキッチンで炒め物をしたり、旦那が洗面所で整髪剤を使ったりすると「ぶぉーん」と赤い光になって(私は「オームが怒ってる!!」ってナウシカのマネをついしちゃうのだけど。)働いてくれます。

でも、なぜか真横に置いてある猫トイレには一切反応しません
この点はダイキンのほうがすぐれているのかなぁ。。。
もちろん自分で「スポット運転」させればいいのですけど、なぜ炒め物等には反応するのに猫がおしっこしても反応しないのか不思議です。
でも、ペットを飼っていると匂いに慣れてしまって気づかないことも多いと思うので、使い続ける意味はあると思います。

まだ置き場所が(仮)なので、ちゃんと置く場所がきまったらあれこれ実験したいと思います!

ちなみに電気代は、弱で一時間当たり0.06円だから一か月で43円程度、中で0.22円×30=158円程度とほとんどかかりません。



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL