日々のアンテナ

日々アンテナを貼って、いろんな情報をキャッチ、発信したいと思います。
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOP旅行のこと ≫ ヨルダン旅行 2日目 2012.12.31 ペトラ遺跡

ヨルダン旅行 2日目 2012.12.31 ペトラ遺跡

今回のメイン、ペトラ遺跡見学です!

前日の夜、同じツアーの方とバーでワインを楽しみ、わたくし若干二日酔い状態。。。
アンド、スパイスの耐性が付くまでのお腹攻撃で(とはいってもそんなにスパイスは強くないです。)夜中の3時前からずっとトイレにこもりっきり。
お水をがぶがぶ飲んで、アザーンの時間(早朝6時前)には復活しました。よかった!

ヨルダンは一応砂漠気候なので朝晩の気温と日中の気温がだいぶ違います。
特にペトラは10kmぐらい歩くので脱ぎ着しやすい服は必須。

朝(8:30出発)は、ヒートテック、長袖Tシャツ、フリース、ユニクロウルトラライトダウンでちょうど良い感じでした。
思ったほどには寒く無かったです。
これが日中にはヒートテック、長袖Tシャツのみでちょうどよくなります。
なので、ほんとアウターは小さくたためるユニクロの安いやつが一番♪

IMG_8990.jpg

IMG_9006.jpg

IMG_9030.jpg

ペトラの入り口からシーク(裂け谷)の入り口までは軽い下り坂で5分くらい。
横には馬の道が並走されていて、馬でも移動できます。
馬の料金はチケットに含まれているのでチップ3USドル程度のみでシークの入り口まで乗ることができます。

シークの中は砂またはところどころ石畳。こちらも15分くらいのんびり歩きます。
水路の跡や、ラクダを引く人のモニュメント等があり全然飽きません。きりだった崖の高さは相当高く、アンテロープの1.5倍くらいありそう。
狭いシークの中を馬車が走ったりするので結構な砂埃。喉が弱い方はマスク必須です。

そしてそして、シークの終わりには、


エル・カズネ

IMG_9055.jpg

IMG_9075.jpg

世界遺産って実際見ると「あれ??」って思うものもあったりするけど、想像以上のスケールでした。
こんな崩れやすそうな岩を削ってあんな大きなものを作るなんて古代の人ってすごすぎる!

昔は宝物が隠されていたと思われていたそうで壁には銃弾の跡が無数にありました。
そういうのみると、タリバンに破壊されたバーミヤン遺跡を思い起こされます。。。

帰りもまったく同じ道を通るのでとりあえず団体行動の行きは少しの時間だけ滞在。


ペトラといえばエルカズネしか知らなかったのだけど、エルカズネを過ぎた後も続々と巨大な遺跡が出現します。
それにびっくりです。
規模が今まで見た遺跡とは段違い。

お土産物屋さんでは定番の砂絵。

IMG_9083.jpg

でも実際作ってるのを見たらすごい技でした。砂の色も天然でこんなにいろんな色があるんだなぁー。

IMG_9126.jpg

IMG_9139.jpg

IMG_9093.jpg

ひたすら見どころが続きます。
エルカズネからレストランまでは40分くらい。
ここも歩くと大変ですが、ロバや馬車やラクダに乗ることができます。
それぞれ区間が決まってるので最初から最後まで通しでは乗ることはできないみたい。
(ビジターセンター⇔シーク入口、シーク入口⇔エルカズネ、エルカズネ⇔レストラン、レストラン⇔エドディル)

IMG_9153.jpg

ロバならこんな小さい子も乗れます♪

IMG_9157.jpg

ようやくレストランで一休み。


ここからがエドディルへの長く険しい登り坂が始まります。
ロバで20分、歩いて1時間ほどということで、私たちはロバに乗ることに。

これがお客の取り合いですごいの!
添乗員さんからは子供が牽いてるロバはだめ、と言われていたけど、混乱のうちに乗ったロバは子供(13歳くらい?)が二頭牽いてる一番だめなパターン^^;

とりあえず旦那の乗ったロバはとても優秀で、ひきてがいなくてもちゃんとまっすぐゆっくり歩く子で、私のほうは、私自身も乗り方がへたなので少年がついていてくれました。
何回も「リラックス」と言われたけど緊張するよ。。。

人がやっとすれ違えるかなというような片側が崖の道が延々続きます。
少年もロバの登る速さで上るんだから相当の心肺能力です。
おしゃべりする余裕もなく、もちろん写真なんてもってのほかの状態でやっと到着。

IMG_9159.jpg


ロバの料金はだいたいチップ含めて一人10USドル程度。
最初に料金交渉して、最後、ロバちゃんから降りた後に払います。
そうじゃないと、絶対最後吹っかけられてロバちゃんから降りられないようにされるから。。。

そして、、、

IMG_9167.jpg

ついにエドディル!

エルカズネよりも大きく、さらに保存状態がよくてすごいです!

正面にはカフェがあり、エドディルを見ながらお茶できます。

さらにエドディルを上から眺められるビューポイントも。

IMG_9180.jpg

IMG_9189.jpg

IMG_9196.jpg

もう言葉もないくらいすごすぎます。


で、上ったからには下らなきゃならないのですが、くだりも手すりがまったくない砂交じりの滑りやすいところをずっと下っていきますので大変です。
かといってくだりにロバちゃんに乗るのは自殺行為なのでやめたほうがいいです。


IMG_9240.jpg

IMG_9244.jpg

帰りもまったく同じ道なので、行きよりもゆっくりあちこちの貴族のお墓などの遺跡をみながら戻りました。

んでシークからビジターセンターまでは馬で。帰りは緩やかな上り坂になるので馬に乗ると楽ちんです♪
さすがにロバちゃんの急斜面と違ってこちらは写真を撮る余裕もあります。


8:30ホテル出発で、ペトラのビジターセンター集合が17:00なのでまさに丸一日の見学ですが、ちょうどよい感じでした。

IMG_9268.jpg

一日歩くと靴が真っ白です。


------------------------------------------------

この日は12/31大みそかということで、夜はガラディナーでしたが、オプションのキャンドル・バイ・ナイトに申し込んであったので早めの夕食。

ふたたびバスに乗りペトラへ。

ビジターセンターからエルカズネまでの道を両脇に灯されたキャンドルのみで歩きます。
もちろん馬やロバちゃんがいないのでひたすら歩かなきゃならないんだけど、ここで旦那が膝を痛めるアクシデント。。。

なんとかエルカズネまで到着。
IMG_9303.jpg

ベドウィンの人が歌を歌ってくれたり、歴史を語ってくれます。
暖かいお茶も用意してくれます♪
この日は相当な人数でずっとざわついていてましたが、シークの途中で見上げた夜空には普段の10倍くらいの星が見えました!


帰り、膝が痛い旦那は歩くのも無理な状況だけど、自力で歩くしかなく、、、、

一番後ろから私が肩を貸してようやくビジターセンターに戻りました。みんなを待たせて申し訳ないです><
旦那はそんなに遅いつもりじゃなかったということですが、私は後ろに誰もいない真っ暗な状況が超怖かった!


ホテルに戻り、ガラディナーに途中参加。
おしゃれな服に着替える間もなく砂埃まみれの恰好です(笑)

IMG_9314.jpg

IMG_9323.jpg

IMG_9284.jpg

でもいろんな国の人とダンスしたり、0時にはホテルがシャンパンを用意してくれてみんなで乾杯したり、めったにない体験ができました♪
イスラムって戒律が厳しいので、一番喜んでいたのは女性とダンスし放題の従業員だったかも(笑)。
私のようなおばちゃんでもすっごく喜んでもらえたもん♪








Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL