日々のアンテナ

日々アンテナを貼って、いろんな情報をキャッチ、発信したいと思います。
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOP旅行のこと ≫ ヨルダン旅行 1日目 2012.12.29 成田⇒アブダビ⇒アンマン⇒ジャラシュ

ヨルダン旅行 1日目 2012.12.29 成田⇒アブダビ⇒アンマン⇒ジャラシュ

年末年始の旅行はヨルダンです!
成田からですが、21時の飛行機なので、昼間のんびり新幹線で品川まで、そこから総武線の快速で成田まで行きました。
エティハド航空(アブダビの国営会社)は初でしたが、んー、普通かなぁ。
モニターは大きいけど、CAさん呼び出しの音が大きくて何度も起きてしまったり、読書灯が結構まぶしかったり、座席ピッチも狭いように思いました。
成田発なのに、日本語字幕の映画が2,3本くらいしかないし。
でも、毛布がストライプのフリースでおしゃれ♪

IMG_8882 (2)

イスラム圏の航空会社ではお決まりのメッカの方向を指すモニター。

IMG_8884 (2)

IMG_8883 (2)

機内食は和食と洋食2品の3パターン用意されてました。イスラム圏なのでお肉は羊か鳥。一品はベジタリアンでもOKなパスタ系。味はまあまあ。

IMG_8903.jpg

アブダビ国際空港はしっかりとクリスマスツリーが飾られ不思議な気分。

IMG_8905.jpg

でもちゃんとトイレの横にはモスクが完備。


アブダビ乗り換えが早朝5時ごろ到着予定なので眠いかなぁと思ったけど、成田⇒アブダビまで12時間あるので結構爆睡でした。

アブダビ⇒アンマンまでは3時間です。

アンマン到着!
すっごく寒いということはないかなぁ。静岡の11月くらいな感じでした。

アンマンからジェラシュの途中でお昼ご飯。

IMG_8910.jpg

IMG_8911.jpg

IMG_8916.jpg

IMG_8917.jpg

これからヨルダン滞在中毎回食べることになる、ヨルダンのナンみたいなパンと前菜たち。
ムタバルとかヨーグルトみたいなチーズとか、あと生野菜とくにトマトが名産なんだそうでおいしいです。
私はチュニジアで食あたりになったことから今回生野菜は極力食べなかったけど、最終日にはおもいっきり食べました。

そして飲み物といえばミントティー。これはチュニジアと同じだな。
レモネードとかにもミントをざっくざっくと入れるみたいです。


途中、パレスチナ難民居住区(でもヨルダン政府がビル等を作って今や一つの街になってる。)とかを車窓から見ながらジャラシュ(ジェラシュ・ジェラシェ)へ。

ジャラシュは結構広い遺跡で、チュニジアのカルタゴ遺跡くらいあるかも。
ローマのフォロロマーノよりもずいぶん広くて行ったことはないけど、ポンペイみたいな感じかな。街のようすがしっかり残ってます。

IMG_8885 (2)

IMG_8905 (2)

IMG_8952.jpg

カメラの調整がうまくいかずに結構白とびしたのばかりだったのが残念。。。
服装は、長袖カットソーとヒートテックで十分な感じです。


そして、再びバスに乗り、4時間半かけてペトラに向かいます!
車窓から眺めてると、羊飼いやヤギ飼いがいっぱいいます。すっごく砂漠というわけじゃないけど広大な大地が広がってます。

ホテルはペトラのキングスウエイホテル。アインムーサ(Ain Musa)の真横にあります。
アインムーサ(モーゼの泉)は30か所以上あるそうです。モーゼ恐るべし。

IMG_8965.jpg

IMG_8964.jpg

IMG_8947 (2)

ダブルの部屋だったけど、ベッドはマットレスが分かれていてキングサイズぐらいあるのでとってもゆったりしてます。
アメニティはシャンプーコンディショナーボディーローション等。ドライヤーもあります。
コーヒーサーバとかがなくて、冷蔵庫も電源が切れてました。。。
あと、バスタブがあるけど、水は貴重なため、貯められないように栓はなしです。
でもホットシャワーでよかった♪
WiFiは有料だそうです。まあ添乗員付きのツアーではネットはあまり利用しないのでOKですけど。

ヨルダンのワインは、赤はカベルネソーヴィニヨンが多く、カベルネ好きな私はとてもおいしく飲めました。
セントジョージとナボ山を飲みましたが断然セントジョージがおすすめ。
でも名前がカルフォルニアワインっぽいのでお土産にはナボ山かな。エチケットに十字架がプリントされてるのでクリスチャンの方にはぴったりです。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL