日々のアンテナ

日々アンテナを貼って、いろんな情報をキャッチ、発信したいと思います。
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOP旅行のこと ≫ 2010.12.29~2011.01.05 アメリカ グランドサークル巡り その5 ラスベガス&ロサンゼルス

2010.12.29~2011.01.05 アメリカ グランドサークル巡り その5 ラスベガス&ロサンゼルス

帰国日!!
ってことで、朝7時にフロントで待っているとお迎え。
10名くらいが混載でワゴンに乗って空港へ。
デルタ3便に分かれての出発なんだけど、それぞれの便に対して一人ずつ現地係員さんが付いてくれる。
なんて過剰(笑)サービス!!
でも、行きでもセルフチェックインはかなり戸惑ったのでよかったです。実際空港のセルフチェックインはエラーで、窓口に行かなきゃならなかったし。
ロス経由成田行きは私たちともうひと組父娘さんの2組。
ミネアポリス経由は天候不順で遅れが出ており、成田泊りが決まってる、なんて話をしてたので、私たちはロス経由でよかったね♪なんてのんきに話してました。

荷物検査後ゲートでまた現地係員さんが見に来てくれるという。ほんと大手旅行会社ってサービスいいなぁ。

そして、荷物検査で、旦那がひっかかり・・・・

別室行き!!

腹巻きにホッカイロ、がダメだったらしい。

初めての経験で少しパニックになりました。

私に対しても
"You must なんちゃらかんちゃら"

って指示。たぶん旦那とコンタクトを取ってはいけない、とかそういう感じ。
mustなんて実際使われたことないし!

もし乗り継ぎに遅れたらどうしよう、、、なんて
別室前で一人、あれこれ考えていたけど、10分くらいで旦那開放♪
その後、チケットのチェックのため、チケットを別のとこに持ってかれて、10分待ち・・・

時間は十分に間に合いました。


ラスベガス発ロサンゼルス行き、定刻発、定刻着。
1時間とちょっとのフライトなので飲み物すらでません。


そして12時発のロス発成田行きに搭乗。
実は私、ジュースを買っているうちに「ファイナルコール」されちゃって。
旦那に怒られました><

なんか久しぶりのパーソナルモニタ無し機。
11時間以上なのに、これってどーよ!!って感じです。
窓際3列のうちの2席で、通路側も乗っていて、ほぼ満席。

ところが。
4つあるエンジンのうち第四エンジンが不備、ということで、一旦電気系統を全てオフにして再度試す、とのこと。
電気系統による制御なしのため、飛行機内は猛烈な暑さ。

一旦は、整備完了、となったものの、また不備、
ということで、お夜食用のアイスが配られる。

IMG_5772.jpg

で、アイスを食べ始めたところで、
全員一旦ゲートまで戻ってください、とアナウンスがあり、手荷物を全部持ってゲートへ。

この時点で13:30。動かない機内で2時間近く待ってたんだー。

ゲートでチケットをスキャンしてミールバウチャーを渡します、とアナウンスがあり、(これがとっても聞き取りにくくて・・・)
一つしかないチケットスキャンに長蛇の列。
情報も錯綜してゴチャゴチャ。

添乗員付きのツアーの人たちは添乗員さんが全部やってくれるので楽そうでした♪
ただ、その添乗員さんに、ツアーとは全然関係ない人が質問したりして、、、大変そう。


ミールバウチャー(6ドル)を受け取り16時にまたゲートに戻ってきてくださいと言われるが、おなかも空いてない為、ゲート前でぼーっと人々観察を楽しみながら待つ。
やたらと能天気な人とか、ずっとカウンターに張り付いている人、とかいろいろで面白い。

IMG_5777.jpg


そして、16時になっても事態は変わらず。
当初予定の12時発で、成田に20:30着予定なんだから、4時間遅れたら、成田には着けないんじゃないか、と私たちは思ってました。
だって、成田には発着禁止時間があるんだもん。
それで年末、羽田に回ったけど飛行機から降りることができず中国人が乗務員を暴行、なんてニュースやってましたよね?

だから、もうこの時点であきらめて、旅行保険の約款を確認。
6時間以上遅れないと保険が下りないみたいなので、6時間超えを願う(笑)


17時にはなんらかの指示が出ます、とアナウンス。
そして、乗務員たちが下りてきた。
こりゃ、今日の出発はないな、
と思ったらアナウンスがあり、外国人たちがダッシュしてターミナル連絡口に走ってる。
その後日本語でのアナウンスで、ターミナル5にあるデルタのカウンタでホテルとミールクーポンを受け取ってくださいとありました。


ラスベガス空港で現地係員さんからLA乗り継ぎで何かあったら連絡するように言われていた旅行会社の電話番号にかけてみる。
すると、すでに他のグループの人もかけていたようで、カウンタで待ってます、とのこと。

デルタのカウンターは長蛇の列。

IMG_5780.jpg

すでに、今回の旅行会社近畿日本ツーリストの人も来てくれている。
他はJTB、HIS。
ラスベガスから一緒に来た父娘さんたちは日本旅行だったけど、「自分たちでなんとかしてください」と言われたらしい。
募集型企画旅行とはいえ、やっぱりいろいろだね。こういうとき大手は頼りになると思います。
(日本旅行は十分大手だとは思うけど。)

長蛇の列だったけど、同じツアー会社ごとに手続きをしてくれるので、私たちはすぐにホテルが決まり、シャトルバスでホテルへ。
とはいえ、前回のヘルシンキとは違って、シャトルバス乗り場に来るバスの本数、行き先もあれこれで、大都会ロサンゼルスでのトラブル対処は、私たちだけでは無理だわ><

ホテルは「ホリデーイン」。HIS、JTBと人数の多いツアー会社の人たちが振り分けられた感じでした。

IMG_5785.jpg

ミールクーポンが3食分、各6ドル出てるので、ホテルのレストランでお食事。
L.A.のツアーだった人はいいけど、私たちはロサンゼルスに関する知識がないし、所詮エアポートホテルだから周りには何もない感じでした。

でも、旅行中、ほとんどビュッフェ形式の食事だったから、ちゃんとしたホテルのレストランの食事がめっちゃおいしかったです!

IMG_5786.jpg


風邪もひどくなり、でもちゃんと風邪薬等も手荷物だったから薬が飲めてよかった。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL