日々のアンテナ

日々アンテナを貼って、いろんな情報をキャッチ、発信したいと思います。
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOP旅行のこと ≫ 荷物遅延その後

荷物遅延その後

旅行から帰ってきた次の日は体調を大きく崩し何もせず。
フィンランドでお世話になったH.Sさんとメールのやり取りしたりはしました。
現地在住の人から現地の様子が知らされるのはほんと心強かったです。

次の次の日(12/8)旅行会社にメール。フィンエアーから補償する旨の書類をいただいたが、旅行会社からチケットを購入した場合は、旅行会社を通して請求するように書いてあったので、それについてどうすればよいかということを書いた。
折り返し電話。
旅行会社はお詫びをいっぱいしてくれる。ただ、私が旅行会社に補償を求めたと思われたらしく、そうじゃなくて・・・みたいな話をする。旅行会社がフィンエアーに説明を求めるとやっぱり「補償はしない」という回答だったので、こういう書類もらってるんですけどねぇとFAXする。

IMG_7952 (2)
File Reference 荷物を受け取れなかった空港(今回の場合はヘルシンキ・ヴァンター空港)の手荷物受取場のカウンターでこれをもらっておく。

IMG_7954 (2)
セントレア到着時、航空会社カウンターでもらった用紙。

IMG_7955 (2)
クリックすると拡大します。
国際運送約款に基づき保障しますと明記してある!


セントレアの荷物管理会社からも電話がきて、フィンランド航空のストライキがひと段落したので、荷物の手配を始めるとのこと。

次の日(12/9)セントレアの荷物管理会社から電話。荷物は今日ヘルシンキから名古屋に発送されるとのこと。早!!
補償のほうは、やっぱり旅行会社がフィンエアーに問い合わせたところ、なしだそうです。ストライキは免責らしい。
まあ、大きな買い物してないし、こちらは諦めるとする。
どちらかといえば、ローマで一泊当日キャンセルした分、現地送迎の手配を変更したぶんを旅行会社が支払ってるので、旅行会社はフィンエアーに補償を求めてもいいかもしれない。ていうかそれは商売としてするだろうな。そこらへんはしらないけど。

フィンランドで仲良くなったS親子からもメール。
マドリッド→バルセロナの8日間だったらしいけど、最後の名古屋で荷物受け取ったらしい。私たちより長い旅行だから大変だったね。

12/11 荷物到着!到着するまで、ほんと半信半疑でしたが無事でした。
(私のほうも、ちゃんとネームプレート付けてなかったのは反省です。補償の対象としての項目にも入ってます。)

IMG_7953 (2)
荷物と一緒に届いた書類。海外旅行保険で遅延補償がある場合はこの書類を保険会社に提出。

個人でエアーチケット、ホテルを手配した場合はホテル一泊分キャンセル料等も自分で支払うところでした。ますます海外旅行保険の大切さが身にしみます。
いい経験したと思う、今となっては。

ディレイド・バッゲージ/ロスト・バゲージした場合に参考になるサイト
http://www.ana.co.jp/baggage/index.html
ANAのサイトですが、そこからリンクされているWorld Trancerのサイトで荷物の追跡ができます。File Reference(荷物の管理番号。紛失したと届けた際に発行される。なので届け出は必須)を入力すると状況がわかるサイト。
私はこれを知らなかったので、ほんと家に届くまでドキドキでした。
http://wikitravel.org/ja/手荷物が届かない・壊れた
Wikiトラベルはぼーっと眺めてるだけでも役にたちます。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL