日々のアンテナ

日々アンテナを貼って、いろんな情報をキャッチ、発信したいと思います。
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOP旅行のこと ≫ ユーレイルイタリアパス

ユーレイルイタリアパス

ユーレイルパスとは:
ヨーロッパ国外在住者(ヨーロッパ各国、ロシア連邦、およびトルコ在住者以外)が使用できるパス。
ヨーロッパ国内では買えないので、日本にいるときに発券してもらう必要があります。

最初に使うときには、validation(利用開始手続き ヴァリデーション)というものをしてもらいます。
ユーレイルイアリアパスは発券から6カ月以内にvalidationをしてもらう必要があります。
割引パスには
セーバーパス(私たちはこれにしました。2人以上で同一行程を一緒に旅行する場合の特別割引パス)
ユースパス(26歳未満限定の割引パス)
シニアパス(60歳以上限定の割引パス)
があります。

ユーレイルのマークがある場所に行くとやってくれるそうですが、よくわからなかったのでテルミニ駅のユーロスター予約カウンターへ。
ユーレイルパスを渡して「validation please」。
ま、相手は旅行者慣れてるから、後は、
いつ使うの?
パスポート見せて
といわれるので、言われるままにパスポートを出せば、パスポートナンバー、開始日時等を記載してくれる。
(自分で書いちゃだめ)

無事電車に乗ったら、まずユーレイルパスに使用日を記載する。これを忘れると罰金。

私たちが使ったユーレイルイタリアパスは、フレキシブタイプで、3ヶ月間のうち好きな3日が乗り放題というもの。
なので、一番最初のボックスに日付を記入。これであとはすることなし♪
逆に書いていないうちに車内検札が来ると罰金になるので注意です。

あ、ユーレイルパスは乗り放題ですが、座席指定代は別です。私たちはセーバーパスという二人セットで同じルートという制限付きのものですが(これ安いです!)、座席指定料はイタリア国内どの区間でも20ユーロです。

車内検札の際にはチケットと一緒にユーレイルパスも見せる必要があるので、前日にチケット買った場合でも一緒に持っている必要ありですね。
もちろん、パスポートナンバーだってチェックされる可能性もありということです。

ただし、大きな落とし穴が。
各電車、ユーレイルで予約できる座席数が決まってるそうで、それを超えると乗れません。当然立ち席はだめ。
あらかじめ往復を予約するのが一番ですが、観光だと時間がわかんないしね。これが最大の注意です。


超裏技。
電車に乗りながら思ったのですが、予約違いの電車に乗った場合、罰金は一人18ユーロなんだそう。
てことは、もし希望したユーロスターが満席で、ユーレイルパスが使えない場合、ユーレイルを使わずに正規料金でチケット買うより、後の時間の電車でも一応予約して、前の電車に乗り、罰金払ったほうが結果的にずいぶん安い。。。
まあ、海外で罪になるようなことをする勇気はないのですけどね。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL