日々のアンテナ

日々アンテナを貼って、いろんな情報をキャッチ、発信したいと思います。
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOP旅行のこと ≫ フィンランド-イタリア旅行4日目:12/4 ユーロスター

フィンランド-イタリア旅行4日目:12/4 ユーロスター

※写真は後で挿入します。

実質最終日。朝から雨。悲しい。
7時に起きる予定だったけど、あれこれ考えるのでずいぶん早く目が覚める。
旦那はぐっすり。すごいなぁ。
暇なんだけど、本はほとんどスーツケースの中で、文庫本一冊、とっくに読破してる。
仕方がないので「地球の歩き方」と「旅の指差し会話帳」をひたすら読む。
眠くなるように、覚える気がないイタリア語の文法のページまでじっくり。。。

この日はせっかく買ったユーレイルパスを使ってフィレンツェに行くことに。
使い方はいまいちわかんないけどなんとかなるでしょう。

傘はスーツケースの中。これを思うたびに悲しくなる。
ホテルのフロントで傘を借りようとしたら「ない」と言われたので(あるのはわかってんだ、ごらぁ。)、直接ドアマンに言って一本傘を借りた。

地下鉄でテルミニ駅に行って、ユーロスターチケット売り場へ。
長蛇の列なので、ユーレイルパスがなければ自動券売機で買うのが一番なんだけどね。

ユーレイルパスの使い方は別記事にしました。

フィレンツェに行きたいと伝えると、一番早い電車を勝手に予約される。
これがあと1分で出発するような電車だったんだけど、
「急げ急げ!」とせかされて、走って乗車。間に合いました。
(ローマ→フィレンツェは30分おきぐらいにあるからこんなあわてなくてもいいんだけどね。日本人がいつもfast issueを希望するのかな。)

私たちがのったユーロスターはAVという一番速いタイプ。日本の新幹線でいうと「のぞみ」。
ローマ→フィレンツェ間は1時間40分くらいです。
一等座席用のユーレイルパスだったけど、一等と二等と座席の違いはないらしい。予約数には差があるかもしれないけどね。
4人席と2人席があって、知らないもの同士同じコンパートメントなのは気恥かしい。

初めてのユーロスターは超豪華で、ずっとずっと乗っていたい気持ち。これがまたのちに裏目に出るのだけど・・・
飲み物のサービス、お菓子のサービスなど至れり尽くせり!最高です♪

フィレンツェに到着。
相変わらずの雨。
まずはミケランジェロ広場に行こうと、バス停を探すも見当たらない。
バス案内所でチケットを購入しがてら聞く。チケットは二人セットで2.4ユーロ。通常一人2ユーロなのでとっても安い。
バス停はあっちだよ、と教えてもらった方向に行っても見当たらない。寒い。雨。最悪。
ミケランジェロ広場以外は駅から徒歩で行ける範囲なので歩いて観光する予定だったけど、雨じゃつらいので、2階建ての観光バスに乗ることに。
一人10ユーロ。ローマで乗ろうかなと思っていたのよりずいぶん安いけど、ローマと違って本数が極端に少ないっぽい。

30分ほどほど待ってようやくバスが来て乗り込む。
イヤホンで日本語の案内もあり。
雨じゃなかったらじっくり見たい風景ばかりでした。

ミケランジェロ広場に到着。誰も降りない。そりゃそーだ。この雨だもの。。。
私たちも写真を2,3枚撮ってすぐに退散。
観光バスは当然来ないので、さっき買ったチケットを利用して普通のバスに乗る。

駅に戻ったころには寒くて寒くて一刻も早く暖かい場所に行きたかった。
もう観光はどうでもいい。雨だもん、風景写真だってちっともきれいに撮れないし。
一眼レフの充電も切れそうだし。充電器はスーツケースの中だし!
暖かい場所・・・ユーロスターだ!
せっかくのユーレイルパスをフィレンツェまでの一往復しか使わないなんてもったいない、もっと遠くに行くだけ行って戻るなんてどう?
と思い、ミラノ行きを決断する。
フィレンツェからミラノまでは2時間。帰りはローマまで4時間。
ミラノでドゥオーモだけみて帰るってことにすれば、ローマには20時くらいに戻れるしね。
というわけで、ミラノ行きのチケットをゲット。パンも買い込みまたユーロスターに乗りこむ。

パンを食べてしばらく外の風景を眺めていると・・・・景色は雪景色に。
このあたりから私一人急に不安に。
雪で帰りの電車が止まったら?・・・フィレンツェぐらいならローマまで普通電車でも帰れるけど、ミラノまでユーロスターで4時間ってことは東京から福岡行くぐらい遠いんだよね??

不安で不安でたまらなくなる。旦那は暢気に居眠り。

どーしよー、どーしよー。
1時間くらいたったころ、周りが降りる準備をしだす。どこか駅かも!
みると「ボローニャ」。ボローニャなんて中田がいたチームってことしか知らないけど思いのほか降りる人が多い。大きな都市かも。
旦那に「やっぱり不安だから帰ろう」と言ってあわてて降りる。


ボローニャの駅は、そんなに大きくないくせに人が山盛り。
ローマ行きのチケットを買うべく、長蛇の列に並ぶ。
やっと私たちの番。
「ローマ行き、15:30はもう満席だから立ち席だよ」
う、4時間立ちっぱなしかぁ。でもそれで戻ってももうローマには夕方だもんね。なるべく早く戻りたいからそれでいいやと思って
「OK」といったら
「いやいや、ユーレイルパスは立ち席じゃ乗れないの」という。
えー!!
「席が空いてる一番早いので20:30発だね」
うそ、あと5時間もある!
ユーレイルパス、立ち席だめって知らなかったのが本当に痛い。どうしよう。20:30なんていったらローマに着くと夜中になっちゃう・・・
こんな何もないようなボローニャで5時間すごすのはつらい。それに寒い。

しょうがないので、ユーレイルパスを使わずに正規料金を払うことに。二人で150ユーロ。2万円。。。。
2万円も出して立ち席。しょぼすぎる。

15:30の電車が来るまで、30分ほど駅前のマクドナルドへ。
お金もないので、何も頼まず、ただ席でぼーっとしてました。でもなんとなくマクドナルドにいるとほっとする♪

電車が来る時間になって、駅に戻ると、私たちが乗る予定のが10分遅れになってる。まぁこれくらいしかたないね。
待合室に座ってもう一度電光掲示板を見る。

ん?私たちが乗る予定より一本前のナポリ行きが40分遅れてる!
えー、どういうこと??もしかしてどっかで事故とか??ストも多いと聞く。スト・・・もうトラウマになってる。
悪いほう悪いほうに考える。
5分ごとに、前の電車は45分遅れ、私たちのも15分遅れ・・・とどんどん時間が加算されていく。最初は書いてあった到着予定のプラットフォーム番号も消える。
待合室にあふれる人。
そして、私たちの電車の一本前の快速電車が「キャンセル」に。
え!!やばすぎる!私たちが乗る予定の電車がキャンセルになったら?
ていうかローマ方面に向かうのがいまだ一本も来ないなんて。。。
心配しすぎでおなかが痛くなり、トイレの場所を聞いて、トイレに向かったら、しっかりゲートがあって0.8ユーロ。
手持ち現金6ユーロしかないんだもん。無理。。。
ユーロスターで入ればタダだ!と言い聞かせて我慢する。
このときクレジットカード一枚と現金6ユーロしかないのが痛かった。イタリアのスリの多さを心配しすぎたんだけどね。
現金もう少し持ってれば、カードももう一枚持ってれば・・・(カードの磁気が故障したら、なんてことまで心配し始める始末。)

1時間以上待った後、ようやく遅れていた一本前の電車が到着。ほ。
後続の私たちの電車はそのあとも到着予定時間がなかなか表示されずやきもきしたけどやっとやっと到着。
立ち席なので、アーミーさんたちと地べたに座って、4時間。何もせず、ひたすらぼーっとローマを目指す。
行きはあんなにリッチな気分だったユーロスターなのに。。。。
お金を払ってる帰りにこんな仕打ちとは。悲しい。

それでもローマに着いたらほっとしました♪
私は一刻も早くホテルに戻りたかったけど、旦那は最後の晩餐をすごく楽しみにしているようで、ホテル近くの高級ホテルのリストランテでご飯。
ワインとパスタをいただきました。私はほとんど食べられなかったけどね。

ホテルのお湯はやっぱりぬるかったけど、明日は飛行機に乗るし、仕方がないのでシャワーを浴びました。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL